本州から青函トンネルを渡り函館に入ったときの爽快感

本州から青函トンネルを渡り函館に入ったときの爽快感は言葉で表しようがありません。トンネルの闇の中での暗黙の中から地表に出たときの視界が開いた感動はいくらでも味わいたいものです。そして函館駅のターミナルから魚市場での新鮮な魚を味覚で感じ、人の賑わいを肌で感じて行き着く先は函館山です。山ろくのロープウェイ街には日暮らし通りというのがあり、そこでの町並みは遠く西洋の趣ある風景が並び、そこから見る景色も絶景です。そしてロープウェイで函館山山頂に行き夜を待って開ける景色は美しいとしか言いようがありません。ふもとの景色はまずは両脇に海が入りこんでいる部分はぎゅっと凝縮された夜景でそこから両脇に大地が広がりそれにあわせて夜景の面積も広がっている感じが最高に美しいです。函館の集約された人口密度も夜景の凄みに付け加えられ、函館山334mの心地よい高さがさわやかに風を感じさせてくれてよりい一層の趣を感じさせてくれます。函館山頂から見える夜景が百万ドルの夜景といわれる所以を実感する瞬間です。

「ロックマン11」が開発される事に関して(その2)

「ロックマン11」が開発される事に関して書きたいと思います。「MigtyNo.9」を実験台として「ロックマン11」を作っていくという風にも見えなくもないです。「MigtyNo.9」はアメリカ人が作ったみたいな作品になっているので、元祖ロックマンファンの私としては非常に馴染めませんでした。2.5次元という事であれば、「蒼き雷霆ガンボルト」の方が、まだ親しみが湧きました。それだけに「ロックマン11」は、「原点回帰」を意識して作ってほしいです。「MigtyNo.9」のロールちゃんは、機械人間みたいで魂がこもっておらず、好きではないです。ロールちゃんは、ロールちゃんらしく家庭的な女の子という設定でいいと思います。「MigtyNo.9」は、ちょっとポリゴン過ぎたという感じが否めません。敵という存在が曖昧で、ただ単なるボスの暴走を止めるだけという話だったので、ストーリーが歪でした。「ロックマン11」では、敵であるドクターワイリーの存在を明確にした方がいいでしょう。ロスミンローヤル 販売

来週のお土産作り、シンギングボウル用のマット

今日ももう一つ作ろうと思います。昨日の夕方にシンギングボウル用のマットを手作りしました。自分の持っているシンギングボウルのマットは以前に一式作ったのですが、来週シンギングボウル仲間の所に遊びに行くときにプレゼントしようと思っています。ボウルの周りをスティックで回すと音が鳴るのですが、リミング用といってそれに特化したものがあり、ボウル一式分のマットはさすがに手間が要るのですがリミング用は単体でも使うのでマットをあげようと思いついたのです。以前に作った羊毛フェルトと道具一式があるので買い物いらずです。プレゼントってあまり無理してあげるものではないですしね。自分のリミング用で型を取り、丸いマットに仕上げるので、ひたすら羊毛フェルトを専用針で刺していました。ピンクをベースに他の色も混ぜて作っていたので飽きずに出来ました。どうも一色だけだと飽きるんですよね、困ったものです。色も濃いピンクやオレンジ、白などから少し補色の青やグリーンまで持ってたので、裏も表も入れたら味わい深いマットが出来上がりました。忘れないように持って行かなきゃ、喜んでくれるかな。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/kireimo-kao.html

相変わらず甘いスイーツが好きだった高齢の母

母が久しぶりに遊びに来ました。
一緒にスーパーに買い物に行った際、母の足が止まったのがスイーツコーナー。
スーパーでも、けっこういろいろなスイーツが売っているんですよね。
どうしても何か1つ買って食べたいというので、まあ止める理由もないしOKしたら・・・。
なんと、私の分も買いやがった!
えー、ダイエット中なのに〜と思ったのですが、そこはまあ大人な対応で、黙ってましたよ。
母は、ダイエットとかキライなんです。
食べないと栄養失調になって体壊すとかいまだに思っている昔の人なので。
食べないって、ご飯は普通に食べているんですけどね。
それにしても、もういい歳なんですが、母は今でも生クリームたっぷりの甘いスイーツが大好きです。
ウソかホントか、こうやって私に会いにきたときしか食べないよ〜なんて言ってますが、普段一人暮らししてますからわかりませんよねw
だから、そんな太ってもいないのに毎回健康診断でコレステロール値が高く医者から指導を受けているようです。
本人、脂っこいものやご飯の量もそんな食べてないからなんでコレステロール値が高くなるのかわからないと言ってますけど。
どう考えてもスイーツです。これ止めれば正常値になるのでは、と言いたくなるのを毎回我慢している私です。キレイモ カウンセリング 必要なもの

トロピカル感を満喫することができるプリンが発売されました

トリプルチョコやコーヒーのフラペチーノ、タピオカのミルクティ—などコーヒーだけではなく、たくさんのカスタマイズを楽しむことができるスターバックスコーヒで、夏らしいプリンが販売されました。新商品のマンゴープリンには、マンゴーピューレを使用した果肉入りのプリンにパッションフルーツソースが合わさており、トロピカルなおいしさを口いっぱいに満喫することができます。マンゴー好きな方にはたまらない一品でしょう。ピクニックに、満開の桜の下で、自分へのご褒美、お土産としても喜ばれること間違いナシです。これまでのミルクカスタードプリン、ビターチョコのチョコレートプリン、濃厚な抹茶が引き立つ抹茶プリン、どれも話題となった商品です。ビタミンカラーのカラフルさが際立ちつパッケージデザインも南国風で溢れています。今までとは違うさわやかさを味わうことができる贅沢なプリンを、逃すことなくゲットし、楽しみたいと考えています。

最近できたメロンパン屋さんに行きたいなあ。

最近、勤務先に近い商店街に新しいメロンパンのお店ができたようだ。

近くを通っただけなのでどんな商品が展開しているのかははっきりはしらないけれど、メロンパンのお店はかなりおいしそうな感じなのか
かなり多くの人が並んでいたので相当おいしいのだろうか? といった感じであります。

インターネットとかでも調べてみようかなと思っていますが、まだ調べていない状況で調べてみてもいいのだけど
せっかくだから調べずにどんなものなのかを直接見に行ってもいいのかなとも思っています。

ただ、商店街には駐車場がほとんどないですから勤務終了後に行きたくてもなかなか行けれないところもありますので
買いに行くにはちょっと勇気がいるのかなという感じもします。

もし、時間や余裕があるときには、ちょっと行ってみる感覚でメロンパンを買ってきて食べてみたいかなと思います。
高級とは銘打ってはいるけど、どれくらい普通のものと違うのかというのが今から楽しみです。

できることでいいので、子供の自立を促していく

うちの子を育てるころから、小さい頃から子供に手伝いをさせることが推奨されていました。
4〜5歳からもうご飯の支度やお片付け、くつをそろえたり洗濯物を取り込むお手伝いなど、やりたがる時期なので手伝わせると、大きくなってよくお手伝いしてくれたり、自立できるようになると言われたものです。
なので私も、子供が小さい頃から必死にいろいろ手伝いをさせてきました。
確かに小さい頃はいろいろやりたがります。
ところがうちの子は、1度2度やるとすぐに飽きてしまい、習慣化できませんでした。
小学校にあがって学校生活が大変になると、もう家で手伝いなんて一切しません。
一応いくつか子どもの役目を作って日課でやらせようと努力しましたが、全く定着しませんでしたね。
手伝いのできる子は資質だと思います。
もしくは昔のように、一家そろって生きるのに必死で、子供も家のことを手伝わないと生きていかれないぐらいの環境でないと。
そんな子供も大きくなってきたので、少しずつ日常生活の中で自立を促しています。
例えば、水筒ぐらいは自分でお茶を入れさせるとか。
夜食にラーメンを食べたがったら自分で作らせるとか。
お手伝いとは違いますが、これも自立への一歩だと思っています。アイフル 申し込み 流れ

世界でも読まれた漫画が再びアニメテレビ化になるらしい

私世代と言うとこのアニメを見ている人が多かったのが「キャプテン翼」で週刊少年ジャンプで連載をしていましてよく読んだ人も多かったがこれをきっかけにサッカーを始めた人も多く後にJリーグに影響もしてきたがそして世界に広がってこれを読んで始めた選手も多く国の代表となった選手もいるといたと言うが後に青年雑誌でもわかっても連載は続けていた。

しかし、漫画しか見れない必殺技もしているので真似をしたくなるストーリーとなっていたがこの夏はにミュージカルにもなって漫画しかできない技が実現をしたと言うがこのキャプテン翼がなんと来年の春にテレビアニメとして復活するという事が明らかになった。

と言うもツイッター上で発表がありましてようやく復活する事でサッカーファンだけではなくアニメを見る人には注目は集まっているという事で面白いと思われているかも知れないが現代の人でも見てほしいと思うアニメと言うが放送するのがテレビ東京系列となるが以前のキャプテン翼も実はここで放映をしていたい事で再び同じ様に放送がされると言う。

所がテレビ東京系列がない地方局がない所が多く随時放送が始まるので全国に広がる事は間違いと言うが一番困惑だったのがこうしたアニメを見てない人がいるので見たかったと思っている。

待っている所もあると言うが今ではデジタルBS放映をしているのでここで見る人もいると言う事になる。

また、現代をベースにしてストーリーが動くので新しいキャプテン翼になるのは間違いないと思っているかも知れないがアニメしかできない技が出てくるのでこうした面白いかも知れないが来年の春にスタートなので待ち遠しいです。

松坂、まさかの中日入団だったが監督は西武の先輩だった

元大リーガーでダイエーにて日本球界復帰するも全く使えず戦力外になった松坂のまさかの中日入団にはさすがに私も驚いた。
監督のM氏が元西武だけあって温情により1年預かろうかみたいなことではないかと思いました。
背番号99というのもいかにも崖っぷちで後がないイメージで、松坂本人は「自信あります」などと言ってるのだが、 私にはホラを吹いているとしか思えません。
アメリカで松坂はアピールがいかに大切かということを学んだのでしょうか、そのようなことをよく臆面もなく言えたものだと思いました。
また中日が獲得した理由として将来の監督候補というのを聞いて、彼に監督が務まるだろうか考えると冗談としか思えませんでした。
現役にこだわる事しか考えずに動いてるようにしか見えない松坂が監督の器なら、とうの昔にこれ以上チームには迷惑はかけられないと自ら身を引くような行動を取っていただろう思うからです。
そうした松坂獲得に関しての苦しい言い訳としか思えないようなコメントを出さざるをえない中日フロントの考えが今もって私には理解しかねます。

解説記事の通りにやっているのに上手く行かなくて困る

昨日の夕食後は昼にやっておくべき仕事をやらずにいたので急いでやりました。
それに関する資料を読むと面白いことがたくさん分かってもっと色々知りたくなりやって良かったという充実感がありました。
その後はいつもその時間にやっている仕事をします。
ネットの解説記事の通りにやっているはずなのに上手く行かなくて困りました。
本当に単純なコードなのに、なぜそこで動くのかという理由が分かりません。
それで結局その方法は諦めて、もっと野暮ったい手段で完成を目指すことに決めたのですが、そうするとやはりクールじゃないし手間も増えるので残念です。
いつかその理由が分かる日が来ることを願っています。
それからスマホゲームをしました。
現在は去年行われたイベントの焼き直しが行われているのですが、それが終われば新しいイベントが開催されるはずです。
それが楽しみなので今は召喚アイテムを使わず、次のイベントのために貯めておくことにしています。
仕事もゲームももっと上手くやっていきたいものです。