物語の6つめの扉の前での敵との戦いの話などをします

その敵は、さびまくった剣を、投げまくり、攻撃してきます。ちなみに、個数は、18個です。ちなみに、安値で、まとめ買いを、したときなどに、接触から、折れてしまう場合もあるほどに、もろい剣なのであります。振りかざし、下手したら、風圧によっても折れてしまう場合までも、あるほどで、本来の剣の役割りを、あまり果たしていない場合が、多いです。ちなみに、かなり古い物です。近距離戦なのに、投げてくるのですが、主人公たちは、何とかそれをよけてから、攻撃に、入ります。近距離とは言っても、いくらか動けるスペースも、あります。主人公たちは、それぞれ、1人づつ、順番に、その敵を、攻撃します。近距離なので、魔法使いは、より後ろの方で、待機していて、主人公たちが、負けそうで不味いなどの、場合には、魔法攻撃をしようという考えで、待機という守りを重視しています。扉を、いくつか通過して、ちなみにその敵は、ボスでもないので、あまり心配はしていない状態にありますhttps://www.mwangole.net/items/regina/