おとめごころもそれぞれに、きっと違うもの

クラスの中で、かなりもてる男子がいるようなのですが、
今日、一人の女子が何やら付き合っているとでも言うかのように、みんなの前で見せつけていたと、
帰ってきた高校生の娘が話していました。

なぜ、一人のひとにみんなが集中してしまうのでしょうか。
ですから、みんなの様子は複雑だったようで、女子どうし話していても、
ちらちらと目線が違うほうへいってしまうのだとか。
「本当にわかりやすいんだよ。」
そういって、ちょっとだけ笑っていました。
そんなにたくさんの子が好きになっているなら、
誰か邪魔したりしないのかな、なんて思いました。
でも、しないらしいです。
仲良くしているのをじっと見ているだけで、そこからはなれることもできない。
そんな、まっすぐに向く気持ちを切ないというのでしょうか。

「もう、違う人にかえたらいいのに、そのほうが楽なのにね。」
なんと、すごい一言でしょうか。
そんなことができるなら、とっくにしているのに、と言いそうになりました。

でも、わかっているのでしょう。
自分は目標の学校に受かるまで、人を好きになったなんて言わないと、
決めているのだと思いました。
こういうのもおとめごころ、なのでしょう。