私たちは互いを体得しようとし、そうして泣く

目の前で会見官が「ククッ」と苦笑を引きあげる。
「すみません。ポツポツ熱くなってしまい」
「熱いだろう」そう言った後、採用担当者は有頂天な蛮声を轟かせた。
「そう!何故なら個人、誰しもが大嘘を吐くって赤面して熱くなる!ガッハッハッハッハッハッハ!」
そのセリフは意地悪を含んだ意図なのだろうという我々はOK。
——ゲームオーバー。
今日というお天道様ばっかりはあまりにも敷居がおっきいすぎたか……。
我々は肩を落としてきつくブレスを吐いた。それがあくまでも深呼吸であって、吐息だと悟らせまいって、のほほん。
「菜々瀬様ね、私も若い頃はキャッシュ欲というものが全ての出来事の励みになるものだと思い込んでいたご時世がありました」
相変らずすくすく語り散らしているがこういう期まで『キャッシュ欲』という用語を耳にするだけで私の頭はクラクラして生じる。二度とよろしい。これ以上は勘弁やる。
能書きに次ぐ能書きでずっとお客様所や会見ヒトを奈落の下へと突き落してズタボロに陥らせるのが昨今の最大手の常套手段です。
我々は至急、こういう所を上としてしまいたかった。http://www.ohiobiz.co/sango-kouso.html