偶然出会った仲良しの先輩との立ち話は楽しいです。

今日の帰りに、偶然乗換駅の改札で、他の部署に勤める大先輩に遭遇しました。なんとなく風景を眺めていたら、先輩の姿が目に飛び込んできて、あちらもなんとなく、こちらに気がついていた模様。見つめ合いながら近づき、ご挨拶。そこからの立ち話は15分ほど。周りの人たちが家路を急ぐ、ちょっと遅めの時間なのに。仲良しの先輩なので話が途切れることなく続いてしまいました。女っておしゃべり。でも偶然会えたのは嬉しいことです。違う部署なのであまり話す機会はないし、たまにあったとしても飲んでいたら酔ってしまって、話の内容を覚えていないということもシバシバ。なので、たとえ15分でも立ち話できただけでも楽しかったです。まあ、主に内容は、お互いの部署の恨みつらみなどなのですが、それでも先輩と話すのは楽しいし、なんだか癒されます。今は先輩の方が忙しい時期なので、大変そうですが、陰ながら遠くからでも応援していた否と思いました。シボヘール アマゾン