よその子を注意するときの三つのポイントとは

実家に帰ると、姪たちが来ていることがよくあります。

息子は遊び相手がいるので喜びますが、叔母は少々複雑な心境のようです。

その理由は、子供たちの叱り方に困るからです。

孫とはいえ他人の子なので、叔母はどう注意したらよいのか分からないのです。

そんなことを考えている時に、とても勉強になる記事を見つけました。

「よその子を注意するにはどうしたらよいか」という読者からの質問に、子育てのプロが答えている新聞記事です。

よその子に注意を促し、それをちゃんと聞いてもらうには、ポイントが三つあります。

まず、子供たちに会った時、親しみを持ってもらうことが大切です。

「怒ると怖いから気をつけてね」と、自己紹介ついでに笑顔で言っておくだけで、子供たちは面白い人だと思ってくれます。

次に、実際の叱り方ですが、「何やっているの!」と怒鳴るのではなく、「○○しましょう」、「○○しないでね」と、するべきことを簡潔にサラリと伝えるのがコツです。

そして、言うことを聞いてくれた時は、「一度で聞いてくれて偉いね」としっかり褒めます。

友人の子供たちと出かける機会があると思いますが、そんな時にこのポイントを押さえておけば効果があるかもしれませんよ。お金 借りる 利息なし